挫折があったからこそ目指せた夢 声優「ゆかり」【プロジェクト活動報告18】

みなさん、こんにちは。
クラウドファンディング18回目の活動報告をしました↓↓

https://fanbeats.jp/projects/11/activity-reports/110

今回、「テガちゃん」役を演じる声優「ゆかり」さんに声優を目指したきっかけを聞いてみた。

いい声だと褒められたことがきっかけ

小学生の頃、親戚の叔母に「いい声をしているね。声優を目指せるんじゃない。」と言われたことが、ゆかりさんが、声優を目指すきっかけだった。

それから、声を使うということに興味を持ち、ゆかりさんは、学校行事のスピーチコンテストや弁論大会など積極的に挑戦していった。

ゆかりさんの学校は、全校生徒が集まって昼食を取っており、選ばれた司会が挨拶をするという決まりがあった。
その際に、ゆかりさんも司会の挨拶の担当に選ばれるなど、学校内でも「いい声の人」として評価されていた。

挫折と挫けない心

大学生になったゆかりさんは、大学に通いつつ、養成所に通い始めた。
その養成所には、年に1度進級審査というものが合った。
養成所でのレッスンもあったため、スキルも向上したという自負もあり、進級審査臨んだが、初年度はまさかの落第してしまう。

この出来事は、声には自信を持っていたゆかりさんには、とても衝撃な出来事だった。
しかし、それがきっかけで、ゆかりさんは、声優になるために、自分に何が足りないのかを考えるようになった。

先生や周りに相談しながら、「自己PRの方法」「自分の得意な声」を本気で研究。
声だけでなく、自分自身を磨くこと、演技における個性の出し方の特訓を行った。
それから一度も落第することなく、最高クラスまで進級し、事務所にも所属できた。

声を使う仕事で生きていきたい

現在は、フリーで活動し、イベントのアナウンスや語りのイベントに出演しているゆかりさん。
柏で働いていたときに、運命を感じ、申し込み、勝ち取った「テガちゃん」の声優としても活躍している。
幼少期から目指してきた仕事「声を使うこと」でこれからも成長して、生きていきたいとゆかりさんは笑顔で話していた。

https://fanbeats.jp/projects/11/activity-reports/110

コメントお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください