「友情、努力、勝利」 スタンプラリーにかけるJR柏駅員さんたちの「愛」

今年の1月からJR柏駅中央口の改札前に巨大な等身大パネルが設置されている事に気づいただろうか?

「ヘルミッショネルズ!」「クロスボンバー!」と少年時代を思い出し、胸が熱くなった人もいることであろう。
そう、この巨大な等身大パネルの正体は「ビッグ・ザ・武道」。
1979年から1987年まで「週刊少年ジャンプ」において連載された大人気漫画「キン肉マン」に登場した完璧超人の首領である。

だが、何故JR柏駅にビッグ・ザ・武道の等身大パネルが設置してあるのだろうか?
柏の地域活性化を目的として活動する「私立柏研Q所」が、その謎に迫るため、調査を開始した。

キン肉マンスタンプラリー

早速駅構内で発見したのは、「キン肉マンスタンプラリー」という文字。

JR東日本では、毎年夏と冬に大々的なスタンプラリーを実施しており、今年の冬は「キン肉マンスタンプラリー」が開催されている。
そして、今回JR柏駅のスタンプは、ビッグ・ザ・武道。
そう、この等身大パネルはそのプロモーションの一貫とにらんだ。

しかし、これほどのプロモーション活動をしている駅が他にあるだろうか。
そこに疑問がわいた私たちは、JR東日本の広報に取材を申し込んだ。

すると、二つ返事で、快く受けてくれるとのこと。
JR柏駅のスタンプラリーに対する熱い想いとともに、駅員さんの誠実で優しい人柄が伝わるエピソードを聞くことができた。

スタンプラリーへの想い

■なぜJR柏駅はスタンプラリーのプロモーションに力をいれているのか?
————————————————————————————————————————-
JR柏駅はスタンプラリーを目的に柏駅に来駅されたお客さまに少しでもスタンプラリーを楽しんでいただきたい、という簡単な発想からスタンプラリーのプロモーションを行ってきました。
昨年の冬にスタンプラリーを行った際に柏駅独自のプロモーションをスタートさせました。

昨年の冬「機動戦士ガンダム」のスタンプラリーでは駅で採用されたキャラクター(ビグ・ザム)の立像を作製しました。

昨年の夏の「ポケットモンスター」のスタンプラリーではペットボトルのキャップでできたパネル(サトシのピカチュウ)を作製しました。

そして今回の「キン肉マンスタンプラリー」ではキャラクター(ビッグ・ザ・武道)の等身大パネルの作製でプロモーションは3回目となりました。
————————————————————————————————————————-

昨年の冬の「機動戦士ガンダム」スタンプラリーで「ビグ・ザム」のオブジェがあったことを思い出した。

ビグ・ザムのオブジェの周りには、ビグ・ザムに搭乗したドズル・ザビ中将の名言をもじり「触らせん!触らせん!!触らせはせんぞ!」と書かれた看板と柵とがあり、笑いを誘ったのを覚えている。

■JR柏駅のスタンプラリーにおけるオブジェ(プロモーション)がネット等で話題になっていることをご存知か?
————————————————————————————————————————-

SNS等で多くの方に取り上げて話題にしていただき非常に感謝しております。

直接お礼を言っていただけるお客さまもいらっしゃいますが、SNSだと私たちもより反響を実感することができます。

幸いなことに皆さま温かいご意見ばかりで、そういったお声が私たちの原動力となっております。
————————————————————————————————————————-

本当に多くの反響があることは事実だ。

例えばTwitterで「柏 ビッグ・ザ・武道」で検索をすると非常に多くのツイートが表示される。その多くが「柏駅の本気を見た!」、「柏駅の愛を感じた!」と驚きに満ちた好意的なツイートで、中にはキン肉マン好きで有名な芸能人のツイートも散見された。

これが原動力となり、また新たな面白い試みが生まれれば、駅員さんにとってもファンにとってもさらに素敵なイベントとなるだろう。

■オブジェの作製にあたっての大変な点としてどのようなものがあるか?
————————————————————————————————————————-

どの作製物もなかなか前例がないことなので、毎回とても大変で、毎回手探りで実施しています。

一人では出来ることではないので職場で協力し、社員が一丸となって作製にあたっています。

キャラクターを作製するにあたって、皆さまそれぞれキャラクターには想い入れがあるものなので、キャラクターの意匠を壊さないようなデザインを心がけています。

また作製にあたっては駅で出た廃材等を利用しており、デザインとエコという部分を両立させることが毎回苦労しているところです。
————————————————————————————————————————-

スタンプラリーに参加する人のキャラクターへの想い入れを大切にする。これは、素敵な想いだ。JR柏駅のプロモーションが多くの人々の琴線に触れるのは、まさにこの「想い」の部分ではないだろうか。

これと合わせ、聞いたことだが、昨年夏に行ったペットボトルキャップパネルの作製時には、スタンプラリー終了後、集めたペットボトルのキャップをキャップアートに興味のある近隣の小学校に渡したり、ペットボトルのキャップをワクチンに替える団体に寄付したりしたとのこと。

とても心温まるエピソードだ。

■JR柏駅を日頃利用されている方々や、スタンプラリーでJR柏駅を訪問された方々にメッセージを
————————————————————————————————————————-

いつもJR柏駅をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

そして毎回多くの方にスタンプラリーにご参加いただき、本当に感謝しております。

今後もプロモーションを継続してまいりますので、是非楽しみにしていてください。

これからもJR柏駅を是非よろしくお願いいたします。
————————————————————————————————————————-

実は私もJR東日本のスタンプラリーが大好きで、つい先日「キン肉マンスタンプラリー」も全63駅を制覇し、「JR東日本キン肉マンスタンプラリーCOMPLETE BOX(80年代に大ブームとなったキン肉マン消しゴム[通称:キン消し]の詰め合わせ)」を手に入れた。

スタンプラリーの楽しみとしては、普段は決して降りることがないであろう駅に降りることや、各駅のスタンプラリーの個性を見ることなどがある。

そのため、スタンプラリーを回る際はTwitterで各駅の情報を確認しながら回るのだが、近年いつも話題になるのがJR柏駅のプロモーションの熱さであり面白さである。

近年キン肉マンは「キン肉マンは懐かしいんじゃない、今、面白いんだ!!」と、とても人気が高まっており、奇しくも今年はキン肉マンの連載開始から40周年迎える記念イヤーでもある。

今回のスタンプラリーではキン肉マン好きの芸能人の方々もJR柏駅を訪れツイートされるほど、ビッグ・ザ・武道の等身大パネルは話題になっていた。

そして多くの方がJR柏駅のキン肉マン、そしてスタンプラリーへの「愛」をツイートしていた。

愛に溢れた柏のスタンプラリー

キン肉マンが連載されていた少年ジャンプのテーマといえば、「友情、努力、勝利」。
JR柏駅のスタンプラリープロモーションには、この3原則が詰まっているのではないだろうか。

キン肉マンスタンプラリーの開催期間は2019年2月27日(水)まで。
残りわずかではあるが、JR柏駅を訪れ、JR柏駅の社員さんのキン肉マンやスタンプラリーへの「愛」を感じてみるのもいいかもしれない。

かしわのはのこ

コメントお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です