【プレスリリース】柏の市民小演劇部、現代版「おおきなかぶ」で保育園児童を喜ばせる

2017年3月10日(金)に柏の市民小演劇部「デキマチ小演劇部」は、柏市にある吉野沢保育園児童たちに演劇を披露した。

「おおきなおおきな柏のかぶ」という現代版「おおきなかぶ」を披露した。「カブ主」を目指すお父さんが、大きなカブを抜こうと家族や急に現れるキャラクターたちと奮闘するお話。

ドラえもんやたい焼きを被ったキャラクター、パンダなどといった子どもにもわかりやすいキャラクターが登場。最後は部員・保育園の先生・子どもたち全員で一丸となってカブを引き抜き、子どもたちを楽しませた。

舞台が始まる前は、演劇部部員全員で、保育園児童たちと遊んで回った。

コメントお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です